福島スバルのCSR活動 〜私達が考える社会的責任〜fukushima subaru csr

I.自動車の供給とサポート

私たちは、企業市民として、自動車(スバルブランド)を社会に供給し、移動手段の提供により、市民生活の利益として提供している。
また、経年や故障に対応できる体制を持ち、自動車のある有益で豊かな生活を支障なく続けていくために点検・整備・予防整備等によるサポートを行っております。
さらに、交通事故による利用者の利益損失を防ぐことに備えて、自動車保険を中心とした損害保険を募集、事故後の修理受け入れ体制と合わせて整えております。

II.付加価値の提供

安全性に徹底的にこだわる商品『SUBARU』をお客様に提供。
予防安全装置『アイサイト』、衝突安全性により、『安全』がもたらす安心という『利益』を責任を持ってお客様にご提案・提供しております。
また、水平対向エンジンやシンメトリカルAWDなど、スバル独自の技術がもたらす、安定感と操作しやすさなど、運転する愉しさにつながる技術により、単に移動手段だけではなく、豊かなカーライフの提供を目指しております。

Ⅲ.自動車販売会社としての社会全体の安全と健康への貢献

自動車販売会社として、安全性№1を目指し作られたSUBARU車と安全・安心のための整備により、車に乗る方全ての命を守ります。また、SUBARU独自の繋がる技術(コネクテッド)サービス、SOSコール機能など、健康トラブルや事故によるケガを早期の救急通報に結び付け、お客様の健康と命を守ることにつながるため、この最新の技術の提案と普及を行っております。

Ⅲ.社会貢献事業

1.社会貢献活動への参加
  1. (1)ゲレンデ逆走マラソン

  2. (2)ひまわり里親プロジェクトへの参加

  3. (3)交通遺児募金への積極参加

  4. (4)日本盲導犬協会募金活動

  5. (5)エコキャップ運動参加

  6. (6)ライフセービング協会への車両貸出

  7. (7)自動車整備士専門学校への教材寄贈

    福島県立テクノアカデミー会津様、テクノアカデミー浜様へのエンジン教材の寄贈

    国際情報工科自動車大学校様への教材車の寄贈

  8. (8)職場体験の受入(小・中・高校生)

  9. (9)エコアクション認定

    持続可能な社会実現に向けての業務効率化を推進しております。

2.設備の提供
  1. (1)AED(心房微細動装置)・・・新車全店(11店)への設置。

  2. (2)郡山市赤ちゃんニコニコステーション(郡山店)

    全店に常に清潔で安全なキッズルームを完備(除菌・おもちゃの定期入替)

  3. (3)お客様用防災用ヘルメットの完備

Ⅳ.健康経営の推進

社員も一社会市民。長期的な雇用の確保と働きやすい職場環境づくりを行い、健康というかけがえのない財産を生涯維持できることによる社員自身の幸せ、そして医療費抑制など一社会市民として貢献できることを目指した活動を行っております。

1.健康経営の取組み ※「健康経営R」はNPO法人健康経営研究会の登録商標です。
(1)健康経営方針

社員の健康を経営上の最重要のファクターとして、健康経営の実現に向け取り組んでおります。

・高水準のサービス提供 『プロとして健康は不可欠』

我々の業務には、専門的なプロフェッショナル(人財)による永続的に高水準のサービス・技術の維持・向上が不可欠である。そのために人財への健康配慮が最重要と考えるため。

・経営基盤の安定 『社員の健康が経営の安定につながる』

「人財」の安定した能力の発揮(高水準のサービスの維持・向上)は、業績の安定に結びつき、人財の健康は業績と深く関連性があるため。

・活気ある職場づくり 『一緒に働く仲間の健康も大切』

「健康」を基盤とした明るく、活気ある職場でイキイキ働くため。

・『生涯健康で人生を豊かに』

仕事が食生活、運動を含む生活習慣や人生全般の健康に与える影響は大きく、健康に働き、全社員が人生を健康で、より豊かなものとするため。

福島スバル自動車株式会社
最高健康経営責任者 三井 高春
健康経営委員会

(2)私達は、社員健康宣言を行動の指針として、健康な社会人生活を目指しております。
(3)健康経営推進体制

代表取締役社長を健康経営責任者(CHO/Chief Health Officer)として、目的達成のための推進と最終的な意思決定を行う。 施策立案・分析・成果検証については、健康経営委員会が行う。 健康経営委員会は、CHO・取締役・営業支援部によって構成される。また、女性活躍・健康推進委員会において、専門窓口による女性社員の健康問題・活躍をサポートする。

また、安全衛生委員会・部長会・店長工場長会においても施策・成果の評価と改善検討を行う。 なお、健康経営の核である健康への具体的な取り組みを実施する主体は、店舗および全従業員個人となる。 また、外部連携として協会けんぽ(全国健康保険協会)との連携をとり、第三者からの取り組みの監修と客観的な観点からの審査をいただく。

(4)中長期的課題と戦略マップ
KPI

  1. 健康経営で解決したい経営課題

    『高水準のサービスの提供』、『経営基盤の安定』、『活気ある職場(チーム)』 でありつづけること。

  2. 健康経営で実施により期待する効果

    健康経営の取り組みにより、私達のめざす経営ビジョン
    『社員の成長』、『お客様の満足・感動』、『会社の利益(社会貢献)』
    の好循環、『幸せのトライアングル』の実現を目指すことができると考えます。

    triangle

    また、健康経営を通じて、SDGsの17のゴールの内、3つのゴールの達成を目指します。

    sdgs_icon_03
    sdgs_icon_05
    sdgs_icon_08
    sdgslogo211018

  3. 健康経営で目指す目標指標(KPI)とその理由

    KPI

2.第三者評価

健康経営優良法人(大規模法人部門)ホワイト500を3年連続認定。さらに、スポーツ庁のスポーツエールカンパニーに認定されました。

  • 日本健康会議(経済産業省)  健康経営優良法人(大規模法人部門)ホワイト500 認定
    2019年・2020年・2021年【3年連続】
  • 福島県 ふくしま健康経営優良事業所 認定
    2018年 ふくしま健康優良事業所 認定と「福島民報社賞」を受賞
    2020年 ふくしま健康経営優良事業所2020 認定
  • スポーツ庁 スポーツエールカンパニー 認定
    2020年・2021年【2年連続】

3.具体的な取り組み内容
(1)当社の従業員の主な健康課題とその対策
【課題】
BMI・中性脂肪超過によるメタボリック症候群予備軍増加や肥満傾向があり、その進行の先にある糖尿病等の生活習慣病の発生リスク回避のサポートを行い発生予防に取り組む。

【昨年度の活動検証と今年度目標】

①指標結果(生活習慣病予防指標のみ)

2020年度健康診断の全社員100%受診の結果より、BMI、メタボリックシンドローム判定(予備軍含)では減少できたが、35歳以上に対して行っているメタボリックシンドローム判定に対して、全年齢を対象とした脂質疾患判定(要指導)では前年と変わっていなかった。これは、35歳未満での予備軍の存在も示すものであり、中長期的にこれからも取り組んでいくべき指標である。

BMI標準値(25.0越):目標35.0%に対して、28.3%(2019年比▲10.9%)
受診者 205名 2020年度目標 2020年度 2019年度
軽度異常 58名 35.0% 28.3% 39.2%
脂質疾患測定(要指導以上):目標40.0%に対して、53.1%(2019年比+0.06%)
受診者 205名 2020年度目標 2020年度 2019年度
要指導以上 109名 40.0% 53.1% 53.1%
受診者 119名 2020年度目標 2020年度 2019年度
メタボ基準該当 14名 16.0% 11.8% 16.4%
予備群該当 11名 11.5% 9.2% 11.8%
25名 27.5% 21.0% 28.2%
そして、メタボリックシンドローム判定は目標27.5%に対して、21.0%(2019年比▲7.2%)

②施策結果と経年値

2020年度
・基礎的な取り組みとして、健康診断受診、ストレスチェックの100%受診(受検)
・個別健康宣言振り返り 100%(実行できた割合84%、内完全達成できた割合21%、一部達成できた割合62%)
・運動機会を増やす取り組みとして、ラジオ体操実施率100%、・サークル活動参加率 42.9%、運動セミナーの実施などにより、BMI(25以下)、メタボリックシンドローム(35歳以上)などの改善、その他、経年の取り組みにより、改善傾向にある指標も多くなってきており、施策と結果が少しずつではあるが、確実に結果へ繋がっている。
・過去3年の経年値については、前述の【1.健康経営の取組み(4)中長期的課題と戦略マップ ③健康経営で目指す目標指標(KPI)とその理由】にて掲載。

③課題への改善策(⽬標)

課題に対して下記⽬標にチャレンジする。
「⾷⽣活改善と運動習慣の形成による⽣活習慣病予備軍の撲滅」
測定指標:健康診断結果(BMI・メタボ診断・中性脂肪値等) サークル活動参加率、運動イベント参加率
個⼈別健康宣⾔振り返りによる個⼈の⾃⼰評価

  • 数値⽬標:2021年度の健診結果により35歳以上の社員の「脂質疾患測定での要指導以上を50.0%以下」に抑えることを⽬指す。
    また、予備軍防⽌対策として、全年齢の社員に対して、BMI の軽度異常35.0%以下に抑えることを⽬指す。
  • 施策の実施指標:サークル活動および運動イベントの参加率の向上(50%超)、個⼈別振り返り100%(継続)内⾃⼰達成評価50%を施策取組み⽬標とする。
(2)具体的施策等
  • 毎朝のラジオ体操

    朝のラジオ体操で身体のウォーミングアップと心のリズムを整える。

  • 個人別社員健康宣言

    社員1人ひとり個別の年間の健康宣言を決定、定期的に振り返りを行い、自立的に運動等に取組んでいる。

  • 健康アプリの利用

    全社員を対象に健康アプリを導入、歩数をはじめ禁煙チャレンジ、飲酒・食事管理など、自己の健康の見守り役として利用されている。

  • 店舗対抗平均歩数キャンペーン

    店舗ごとの平均歩数で競い合うキャンペーンを実施

  • 食生活改善に向けた施策

    • OFFICE de YASAI(オフィスでやさい)の設置

      積極的な野菜の摂取、朝食、昼食補助として活用されている。

    • 夕食の提供(一定の時間外発生時)

      時間外となった場合に夕食を提供することにより、夕食の時間を早めることができる。

  • エクササイズ講習やミニ体力測定の実施

    日常のトレーニング方法を学ぶエクササイズ講習やミニ体力測定を実施。握力や背筋力など簡単な運動能力を競い合うことで楽しく運動意識を向上。

  • 血管年齢測定

    健康状態や生活習慣改善への気づきの機会として血管年齢測定会を実施している。

  • 血圧測定器の設置と測定(全店完備)

    健康管理のための朝・昼・夕方の血圧測定の励行

  • 感染症予防対策

    • インフルエンザ予防接種促進策
      社員(パート・派遣社員含)予防接種料の全額補助を実施
    • 全店(各お客様スペース・社員事務所)に次亜塩素酸活用空気清浄機(ジアイーノ)を導入
  • 熱中症対策

    • 全店舗、全工場へのエアコン(冷・暖房)完備
    • 全工場へのミネラルウォーターサーバー設置+塩分ミネラル摂取(飴orタブレット)の用意
    • 熱中症計(黒球式)の設置
    • 熱中症セミナーの開催
    • エマージェンシーツールの設置

  • 社員食堂・休憩所(リラックススペース)の整備

    質の良い仕事は質の良い休養から、全スタッフが使用できる休憩スペースを完備。全店の休憩スペースに運動器具を設置している。特に郡山店には本格的なトレーニングまでできる設備もあり。

  • ゲレンデ逆走マラソンへの社員(家族)参加やボランティア参加

    平地のマラソンよりも過酷と言われるゲレンデ逆走マラソンへの社員(家族)の挑戦を募集、参加している。
    また、軽い運動も兼ねて選手のサポートを行うボランティアでの参加もある。

  • 社員間コミュニケーション促進

    社員間での笑顔の元気な挨拶
    スクラム会議による全職種による話し合いの確保
    1人で悩まず『みんなで困る』の問題解決姿勢

  • コーヒーブレイクの実施

    社員向けにリラックスタイムのコミュニケーション促進のため、コーヒーサーバーを設置(無料にて提供)

  • サークル活動の推進

    サークル活動を通して社員間のコミュニケーションの促進と新規部活創設によるコミュニティの拡大を目的としている。
    また、サークル活動を通しての他社チームとの交流も積極的に行っている。

  • 非正規社員(派遣・パート)の社員登用

  • 完全週休2日制

  • 時間短縮勤務、育児休暇、介護休暇

  • 社員旅行・キャンペーン旅行

    全社員が参加できる社員旅行を企画、実施(2年毎)
    また、社員の頑張りに対しては全社員を対象にキャンペーン旅行を実施。(半期毎)

  • 社員保養施設の完備(県内2か所)

    全社員とその家族が宿泊・利用できる保養施設があり、ヘルスツーリズムやリフレッシュのために活用を奨励している。
    また、スキー場、トレーニングやアクアビクスができる設備もあり、運動目的のためにも利用されている。

(3)健康経営の取り組みによる成果

健康経営は弊社風土として、定着しており、中長期の会社目標の最重要課題となっている。
生産性の向上へ繋がる成果として、下記の仕事パフォーマンス指標を参考としており、経年で向上が見られ、健康やコミュニケーションを促進することを目的とした健康経営の施策が社員のモチベーションを高め、業務生産性UPに繋がっていると考えられる。
また、2020年よりエンゲージメントサーベイを活用による職場・組織改善活動、よりイキイキと働ける環境づくりに全社で注力しており、健康経営の取り組みにつながっている。

仕事パフォーマンス評価