ブログBlog

2021.06.27

【いわき南店】「納豆」の消費量、全国1位は。。。

皆さんこんにちは!いわき南店です。

最近、地元に密着したネタをアップしておりましたが、今回は非常に個人的なネタを。。。

「納豆」といえば、お隣の茨城県「水戸納豆」が有名ですが、

「消費量地域ランキング」で見てみると。。。

 

1位 福島市

2位 盛岡市

3位 水戸市

                 【総務省の家計調査(2017年から2019年の平均)】

餃子や日本酒だけじゃないんですね(笑)

先日、こんな納豆が手に入りましたのでご紹介です。

見た目通り、舟の形をしたネーミングで、その名も『舟納豆』(ふななっとう)。

茨城県常陸大宮市の丸真新食品株式会社さんのこの納豆、茨城県出身の元プロ野球選手

デーブ大久保氏が、長嶋茂雄氏に贈ったところ大絶賛!

ご自身でもお取り寄せするほどの逸品だそうです。

 

私も納豆は大好きで、秋田県の『二代目 福治郎』(にだいめ ふくじろう)

という秋田杉の経木(きょうぎ)に包まれた大粒納豆が特に大好きで、3パック78円

のおかめ納豆を食べながら、「あのでっかい粒の福次郎が食べたい。。。」と涙しています。

(なんせお値段も「高級」なもんですから。)

 

で、この「舟納豆」、左からレギュラー、もち麦、ソバの実、黒豆と、

バラエティ豊かなラインナップで販売されております。

こんな時節ですから、充実したホームページより「お取り寄せ」してみては?

(先方に許可を得ていませんのでリンクは貼りませんよ。「舟納豆」で検索!)

 

私、筋金入りの貧乏性なもんで、この4本我が家の冷凍庫でキンキンに冷えてございます。

納豆は1ヵ月程度は冷凍保存が可能です。

加熱してしまうとナットウキナーゼは死んでしまうそうですよ。

「何のためにネバネバした茶碗を洗ってまで納豆食ってんだよ?」

といった感じで、食べる意味がなくなってしまいますからね。

冷蔵庫に移してゆっくりと解凍してお召し上がりくださいませ。

 

小さな会社が「本物の味」を守り続けて、確固たる技術を基に作り続ける納豆。

SUBARUの「モノづくり」にもシンパシーを感じずにはいられません。

皆様もぜひ機会があったらご賞味下さいませ。

 

本日はこの辺で。

 

 

 

店舗

投稿月アーカイブ