ブログBlog

2020.11.21

~SUBARU360 復活プロジェクト~破の2「エンジン」

こんにちは!福島スバル広報係のWです!

今回もSUBARU360復活プロジェクトの続編をレポートいたします!

 

走るために必要な部品と言えば・・・

前回のキャブレターもエンジン関連の重要部品ですが、

まずはクルマの心臓部である「360ccのエンジン」ですよね。

 

長年の放置の結果、この360のエンジンは、

どんな状況だったか? というと・・・

 

エンジン本体の中は、意外に問題ありませんでした!

 

室内保管のおかげか?もしくは走行当時からのメンテナンスが良かったのか、

いわゆる「オーバーオール」(全分解)はしなくても大丈夫でした。(*´▽`*)ホッ

 

古いエンジンオイルを抜き、

フラッシング用の液剤でエンジン内部を洗いました

 

但し少し・・・いや、大きな問題が!

オイル漏れ箇所がありました!

やはりね・・・何も無い訳は無いです。

 

オイル漏れ箇所は

「クランクシャフト」のパッキンからの漏れでした。

 

大きな問題とは、

本来、パッキンを交換すれば済む話ですが、

今回は、車も年代物のため、部品が簡単には手に入らないことでした((+_+))

純正部品としても、もはや生産も・在庫もしておりません。

メカニック達は

パッキン探しに奔走、同サイズで流用できる部品を探し・・・

なんとか、合うパッキンを新品にて手に入れることができました。

 

新人メカニックには普段はない苦労ですね。(^^;

でもエンジンが無事で本当に良かったと思います!

 

最後の写真はエンジンの写真です。

2ストロークエンジン(スバル360のエンジン)って

中のピストンが丸見えなんですね!?

素人のWには新鮮な発見でした。(^^♪

店舗

投稿月アーカイブ