ブログBlog

2020.08.09

~SUBARU360 復活プロジェクト~序

こんにちは!福島スバル広報係のWです。

今回も前回に引き続き

SUBARU360復活プロジェクトの模様をレポートします!

なお、この企画を簡単にご説明いたしますと・・・

福島スバルに展示されてた不動のスバル360を

新入社員、若手社員の研修も兼ねて復活させるプロジェクトです。

8月吉日、福島スバル某所に県内からメカニックが集結!!

まず、スバル360を囲み各部のチェックからスタート。

また、研修らしく、

プロジェクトリーダーのひとり、圓谷は事前に古いマニュアルを抜粋、

新人メカでもわかりやすいテキストを手作りしておりました。

メカニック達は、その圓谷メカの愛情たっぷりのテキストを手に

普段見慣れない360を見つめます。

しかし・・・

行く手には数々の難題が!

新人メカの前に立ちはだかります

 

例えばブレーキ

ブレーキペダルを踏むと”マスターシリンダー”に伝わりブレーキがかかります。ブレーキペダル緩めると”ホイールシリンダー”がブレーキを緩める役割をします。

どちらも重要な部品ですが、

そのどちらも完全に固まっておりました・・・  それを見た新人メカも固まりました・・・(笑)

長年放置したブレーキは、ガチガチで動かない状態になっておりました。

長い年月使わないとそのようになるのですね・・・

↑写真(上)は運転席足元でペダルを外したところ。ブレーキペダルを踏むとこの奥の「マスターシリンダー」に伝わり油圧でブレーキに伝えます。

↓写真(下)はブレーキ中にある「ホイールシリンダー」ブレーキペダルを戻したときにかかっていたブレーキを緩める部品。

でもさすがはプロ!

難題と向き合いながら、楽しく取り組んでいるのが印象的でした

 

教科書通りでは対処できない課題に立ち向かい

また成長していくスバルメカニックにご期待ください!

また、次回つづきをレポートいたします。

店舗

投稿月アーカイブ