歩行者保護エアバッグ編|福島スバルレポート

鎌田先輩に聞きました。新型インプレッサが守る、本当の意味の「安心と愉しさ」

鎌田先輩のプロフィール:[ 勤続年数:17年/趣味:スコッチウィスキーのお店をまわる事/社内でのもうひとつの役割:東北6県と北海道での労働組合の役員として、6県のメンバーと情報交換しています。]

世界から見た日本の交通事故による歩行者死亡率は?

-鎌田先輩:まいあさん、世界から見て日本の交通事故による歩行者の死亡率は高いか低いかどちらだと思いますか?

-まいあ:エアバッグや衝突安全ボディなど、車の安全性能が進化していて、交通規則も整備されているので死亡事故は海外よりは少ないのではないでしょうか・・・?

-鎌田先輩:確かに日本は安全なイメージがあるかもしれませんね。でもこのグラフを見てください。日本の歩行者・自転車の死亡事故は海外と比較すると、圧倒的に多いということが現状なんです。

歩行者保護エアバッグはスバルが国内メーカー初採用!

-鎌田先輩:本当の意味での「安心と愉しさ」は、運転者だけでなく、歩行者の命も守られてこそ得られるものではないでしょうか。だから新型インプレッサは「歩行者保護エアバッグ」を全車に標準装備しました。国内メーカーで初めてのことなんですよ。

-まいあ:実際に、どこがどうなって発動するのですか?

-鎌田先輩:ここ(青線部)を見てください。ここに搭載されたセンサーが歩行者や自転車の衝突を感知し、瞬時にフロントガラスとボンネットの間からエアバッグが発動し、歩行者の頭部を守る仕組みになっています。

歩行者の命を守り、ドライバーの人生も守る

-鎌田先輩:こちらの動画を見てください。歩行者保護エアバッグ発動の様子がわかります。ダミー人形の動きを見てください。倒れ込んだ歩行者・自転車の方の頭部への衝撃を緩和しているのがわかりますね。

-まいあ:万が一、誰かが急に飛び出してきて、歩行者死亡事故が起きてしまったら、被害者だけでなく加害者であるドライバーの人生も狂わせてしまいますよね。歩行者の命を守り、お互いの幸せを守れるように、全車に標準装備されているのは本当にスゴイです!!まさに、「安心と愉しさ」ですね。

-鎌田先輩:そういったことも踏まえて「愛で選ぶクルマ」として、新型インプレッサを選んで頂けたら嬉しいですね。

さらなる『安心と愉しさ』へ。
SUBARU純正ドライブレコーダー

f1

万一の安心を。そしてドライブレコーダーが無ければ残せなかった美しい想い出を。 クルマに乗る人、行きかう人、すべてを守るために進化を続ける、SUBARUの先進コア技術「アイサイト」。IMPREZAにあわせて緻密にセッティングされた「アイサイトver.3」との、厳しい共着試験をクリアしたSUBARU純正ドライブレコーダーを是非!!

【SUBARU 純正ドライブレコーダー】

■価格:54,800円(税抜)

※本体¥42,800+工賃¥10,000+ブラケットセット¥2,000
詳しくはお近くの店舗にお問合せ下さい。

鎌田先輩の愛用ツール「名刺入れ・Uniの四色ボールペン」

■エピソード

この名刺入れは2~3年使っています。
ボールペンは、日常的な使いやすさと書きやすさ、インクが長持ちすることからUniの四色ボールペン(赤・青・緑・黒)+シャープペンを使っています。
お客様との商談の中で使うものなので、デザインも 大切なお買い物に寄り添うシーンも意識して選びました。とても書きやすいので、3年ほど(もう3代目)愛用しています。